妊娠初期に飲むべき亜鉛サプリ

妊娠初期に飲むべき亜鉛サプリ

亜鉛は人体にとって、とても重要な栄養素のため、妊娠初期にもなるべく摂取しておきたい栄養素の一つです。亜鉛が日常的に足りている日本人は少なく、不足している人が多い栄養素です。しかし、人体にとってとても影響力があるので不足するのはなるべく避けたいところ。お母さんにもお腹の中の赤ちゃんにも亜鉛は効果をもたらします。亜鉛は1日に必要な量を摂ることが難しい栄養素なので、手軽に摂るためには亜鉛サプリがお勧めです。今回は妊娠初期に摂るべき亜鉛についてご紹介していきます。

 

亜鉛が足りていないと赤ちゃんとお母さん共に悪影響が出る

あなたの亜鉛は十分に足りていますか?
実際に亜鉛があなたに足りているかどうかチェックすることは簡単です。今からご紹介することにあてはまっている人は亜鉛が不足している可能性があります。

  • 最近肌の荒れが多い
  • 立ちくらみや目の疲れが増えてきた
  • 記憶違いをすることが多くなった
  • 味の違いがわからなくなった
  • 何をやってもだるい
  • 爪の色がいつもと違う

 

いかかがでしょうか。この中から1つでも当てはまる場合は亜鉛不足の可能性が疑われます。妊娠初期は、赤ちゃんが細胞分裂をたくさん繰り返し、大きくなろうとしている時期です。亜鉛は赤ちゃんの細胞分裂を促す大事な栄養素です。お母さんの亜鉛が足りていなければ、赤ちゃんにも亜鉛は行き渡りません。そうなってしまった場合、赤ちゃんの発育に不具合が生じてしまうこともあります。具体的には早産になってしまったり、体重が一般の赤ちゃんよりも少なくなってしまったりというトラブルになる可能性があるのです。亜鉛は、赤ちゃんにとって他にも影響を及ぼします。赤ちゃんの免疫機能や中枢神経および知能などを左右する重要な器官を発達させるために必要な栄養素は、亜鉛です。そのため、十分に亜鉛を摂らなければその器官に不具合が起こる可能性があります。妊娠初期は赤ちゃんに自分の栄養がものすごく取られてしまう時期でもあります。お母さんの体内に亜鉛が少なくなっていれば赤ちゃんに必要な亜鉛を全て持って行かれ、自分には亜鉛が全く残らないという状況にもなります。お母さんにとっても亜鉛は健康に生活するためには必要な栄養素です。お母さんのためにも赤ちゃんのためにも亜鉛をたくさん摂るようにしましょう。

 

赤ちゃんの発育には亜鉛が必須

亜鉛は赤ちゃんが成長していくために必要な栄養素です。つまり細胞分裂をするために必要不可欠な栄養素なのです。赤ちゃんは妊娠初期には何度も何度も細胞分裂を繰り返していきます。その間でお母さんの遺伝子情報を読み取りながら、自分の脳みそや内臓や心臓などの重要な器官を作っていきます。この時、遺伝子情報をうまく読み取らなければこの器官の生成に不具合が生じる場合があります。この遺伝子情報を読み取る際の源は、実は亜鉛が行っているのです。亜鉛が足りていなければ遺伝子情報をうまく読み込めず、結果として発育や成長の不具合や成長の阻害などの影響を及ぼす可能性もあります。亜鉛は皮膚や髪の毛を作るためにも必要な成分です。また、カルシウムの吸収を促す役割でもあるので骨を作る役割があると言っても過言ではありません。そして、最も人体にとって重要な血液も亜鉛によって構成されていきます。このように、人体にとって重要な部分は全て亜鉛が絡んでいると言っていいでしょう。亜鉛が足りていなければ、丈夫な赤ちゃんを産むためには必要な要素が足りてない可能性があります。

 

ひどい「つわり」は亜鉛不足が引き起こす

お母さんにとっても亜鉛不足は様々な影響を及ぼします。妊娠初期によく見られる「つわり」は亜鉛が不足している場合に起こると言われています。つわり自体は実は味覚障害の一つとされています。味覚障害が起こるのは、舌の細胞分裂がうまくできなかった場合に起こるのです。舌の細胞分裂を促すのは亜鉛です。つまり、亜鉛が足りていなければ、ヒドい「つわり」を起こすのです。つわりがひどいのであれば、すぐに亜鉛を摂ることをお勧めします。亜鉛を多く含む食材は魚介類や肉類、豆類などありますが、その中でも最も亜鉛が豊富である牡蠣は妊娠初期にはお勧めできません。牡蠣はどんなに新鮮でも体の相性が悪ければ食中毒になってしまう可能性があるからです。妊娠中はできれば亜鉛サプリで亜鉛を摂取することが好ましいでしょう。亜鉛を摂る際どれぐらい取ればいいのでしょうか?一般女性の場合、1日あたり10mg から15mg ほど摂ればいいと言われています。最大でも30mg ほど。妊娠中は25~30mgを目安にしていいでしょう。というのも先にご説明した通り、赤ちゃんとお母さんの分を摂取しなければなりませんので、通常よりも多めの摂取を心がけて大丈夫だと思います。

 

まとめ

亜鉛サプリは、1日に決められた用量を守って毎日のみ続けるようにしましょう。そうすればお母さんにも、お腹の中の赤ちゃんにも良い影響をもたらすことができるようになります。妊娠初期から妊娠後期までの全期間を通して、亜鉛を摂り続けても問題はありません。なるべく摂り続けるようにしましょう。