貧血対策に亜鉛サプリが効く

貧血対策に亜鉛サプリが効く

カラダにいろいろな悪影響を及ぼす貧血。貧血になるのは鉄分が足りてないため起こるので、鉄分のいっぱい含まれた食品食べておけばいいという至極真っ当な方法から、鉄棒を舐めればいいというウソのような対策まで世間にはいろいろな貧血に対する情報があります。そんな貧血ですが、実は鉄分不足ではなく亜鉛不足によって起こっている可能性もあるのです。今回は亜鉛が不足すると貧血になってしまう件について詳しくご紹介します。

 

そもそも貧血とは?

貧血について世間的には鉄分が足りないために起こるものと思われています。貧血を起こしてしまうと立ちくらみや傷の治りが遅くなってしまうと言われているようです。実際には、「貧血が起こってしまうとこういった症状が起こる」よりも、「こんな症状が出ていたら貧血を疑うべきだ」という考え方が医学界では一般的です。めまいやたちくらみ、だるい、疲れが取れない、動悸がおさまらず心臓がずっとドキドキする、耳鳴りがするなどこれらの症状が出ていれば貧血の可能性が高いです。とくに立ちくらみや動悸は、散歩中や移動中、または出張中や旅行中など、近くに自分以外、誰もいなくて、誰かが助けてくれないタイミングで起こってしまうと大変なことになります。なるべくなら予防して貧血が起こらないようなカラダに普段からしておくことが大切です。ちなみに傷の治りについて、貧血は関係ありません。逆にキズによる失血のせいで貧血になることはあります。

 

貧血は鉄分不足だけでなく亜鉛不足でも起こる

貧血は立ちくらみや動悸など、一度なってしまうと自分ではどうしようもないことが多く、そのため普段から予防しておくことが必要です。冒頭で貧血は鉄分不足だけではなく、亜鉛不足によっても引き起こされるとご紹介しましたが、それは亜鉛が「強くて丈夫な血液成分」をつくるために必要な栄養素だからです。貧血になるメカニズムは体内をめぐる血液が足りないために起こります。ケガをしたり、手術をしたりして体内の血液を必要以上に出してしまうと貧血になります。血液を作り出すのは主に鉄分のため、鉄分が足りないと血液自体が作られません。そのため貧血は鉄分不足だと言われているのです。では亜鉛は血液の何に関係しているのでしょうか?簡単にいうと亜鉛は血液を丈夫で頑丈にするための成分なのです。亜鉛が不足していると、もろい血液になってしまいます。もろい血液は血管を通る間にくずれてしまうのです。せっかく血液が作られても、もろくてすぐ壊れてしまえば、体内の血液が足りなくなります。そのため貧血は亜鉛不足が原因とも言えるのです。

 

亜鉛は体の中でも「人気者」で不足しがち

血液は鉄分によって作られますが、亜鉛は作られた血液を丈夫で強くするための栄養素です。せっかく出来た血液をながく働かせるために一役かっています。血液が足りないことで引き起こる貧血ですが、先ほどご紹介したように一度なってしまうと、自分も周りにも迷惑をかける事態になってしまいがちです。そのために予防が必要なのですが、どうすれば予防することができるのでしょうか。一番簡単なのは亜鉛を積極的に摂り入れていくことです。亜鉛が足りていれば貧血になることも少なくなるでしょう。しかし注意していただきたいのは、亜鉛は「人気者」だということです。つまり、亜鉛は血液を丈夫にさせること以外にも人体の様々な箇所や器官に「いい影響」をもたらしているため、すぐに不足しがちなのです。普段の食生活を意識して亜鉛を摂るだけでは正直、足りません。

 

亜鉛を摂るなら亜鉛サプリが一番

亜鉛は人体に様々ないい影響をもたらす人気者の栄養素のため、十分な量を摂らなければ貧血予防にはなりません。具体的には、一日に必要な量として30mgほど必要です。食品で最も亜鉛を含むと言われている牡蠣だと10個以上は食べないといけません。毎日牡蠣を食べるというのはなかなか難しいですよね。他の食品だと鶏肉やレバーなどが挙げられますが、30mg摂るためには400~500gは食べる必要があります。仮に食べられたとしても食品に含まれる亜鉛は吸収率が悪いため、たくさん食べたわりには効果なしという悲しい事態になってしまいます。以上のことからも亜鉛をしっかり摂りたいなら亜鉛サプリがおすすめです。亜鉛サプリは吸収率もいいですし、なによりそんなに食べる必要がありません。1粒に何mgの亜鉛が入っているというのもわかりやすいため、一日に必要な亜鉛を摂るための管理もしやすいでしょう。

 

まとめ

貧血は立ちくらみや動機などの悪影響をもたらします。鉄分不足のために起こると思われがちですが、亜鉛不足によって貧血を起こすケースも多くあるため、鉄分を摂ったのにまだ立ちくらみが治らないということもあるでしょう。そういった場合にはすぐに亜鉛を摂りましょう。貧血はたちくらみや動悸などカラダが動かしにくくなるなどの症状がでるため、なってしまうと大変なことになります。重要なのは予防です。毎日亜鉛を摂ることで未然に貧血を防ぎましょう。亜鉛はなかなか摂りにくい栄養素なので、亜鉛サプリで継続的に摂って貧血予防に努めてください。