亜鉛サプリで下痢が起こる?!

亜鉛サプリで下痢が起こる?!

現代人にとって不足しがちな栄養素である亜鉛。この亜鉛が不足したままだと人体に悪い影響を及ぼします。そんな重要な栄養素である亜鉛を手軽に摂ることができる亜鉛サプリ。インターネットを見ていると亜鉛サプリを飲んだら気持ち悪くなった、吐き気がした、下痢が止まらないというネガティブな情報も出ていますが、全く下痢もせず吐き気もしないと言う人もいます。実際のところはどうなのでしょうか?実は、亜鉛サプリを必要の量以上に摂ったり、空腹の時に摂ったりすると下痢になってしまう場合があるのです。

 

下痢が起こるメカニズムを知るとヒントが見えてくる

そもそも下痢とはなぜ起こるのでしょうか?心当たりがないのに、急にお腹が痛くなり下痢になってしまう人や今の今まで元気だったのにもかかわらずいきなり下痢になってしまう人も多いようです。人によっては電車の中などの移動中や待合室で待っているとき、学校での授業中などに急に下痢になってしまい、ツラい思いをした人も多いことでしょう。なぜこのような下痢になってほしくない時に限って下痢が起きてしまうのでしょうか。移動中なども人は気づかないうちに多くのストレスを受けています。そのストレスによる胃腸障害を起こしてしまっているのです。そう、下痢とは胃腸障害からくる症状だったのです。外部から精神にダメージを与えるストレスや胃腸に必要な栄養素の不足、消化に悪いものを急にたくさん食べてしまった時など・・・このように消化器官に大きな負担をかけてしまう事をしてしまうと、下痢になってしまいます。亜鉛サプリも飲み方を間違えると胃腸などの消化器官に負担を与えて下痢を引き起こしてしまうのです。

 

亜鉛の摂りすぎである亜鉛中毒。その症状が下痢

冒頭で亜鉛を必要以上摂ると下痢になると言いましたが、それは亜鉛を30mg 以上摂り続けてしまった場合にそうなる可能性があるのです。亜鉛には、1日に摂るべき量というものが決まっています。成人の場合、1日に8mg から12mg までと摂取すべき量は決まっています。どんなに摂ったとしても上限は1日30mg と決まっています。それを毎日継続して上限数をオーバーし続けてしまうと亜鉛中毒になってしまい、下痢を引き起こしてしまうのです。実際に過剰摂取による亜鉛中毒にかかってしまい下痢になった人はたくさんいます。亜鉛中毒の下痢は長引いてしまうようで一度なってしまうとかなり辛い思いをしてしまっているようです。亜鉛サプリが引き起こす下痢は実は亜鉛中毒だけではありません。

 

消化器官が荒れる空腹時は亜鉛サプリを摂るのは避けよう

1日に必要な量である30mg を越えて亜鉛を摂り続けると亜鉛中毒になり、下痢を引き起こすことになってしまいます。最初に紹介した通りに亜鉛中毒以外にも下痢になる原因はあります。それは空腹の時にサプリを飲んでしまった場合です。亜鉛はいわゆる金属のため、消化するのに結構なパワーを使うことになります。消化器官が万全の状態でないときに亜鉛を摂ってしまうと胃腸がびっくりして不具合を起こしてしまうのです。空腹の時はいわば胃腸が荒れている状態です。そんな時に消化のしにくい亜鉛が入ってきてしまうと下痢を引き起こしてしまうのも当然かもしれません。胃が荒れている状態になるのは空腹時以外にも朝起きたばっかりの時なども考えられます。消化器官の調子が万全の時に亜鉛サプリを飲むようにしなければ下痢になってしまうのです。

 

亜鉛サプリを飲んで下痢が起こることを絶対に防ぐには

亜鉛サプリを飲むことによって下痢になってしまう要因は1日に定められた用量を守らず、それ以上飲んでしまう事と、空腹時や朝起きたばかりの時など胃や腸の準備がまだできてない時に亜鉛サプリを飲んだ時です。では亜鉛サプリを飲む際に確実に下痢が出ないようにするコツやポイントなどはあるのでしょうか?結論から言うと、下痢になってしまいそうなシチュエーションを避けるという方法が一番です。どんなものでも飲み過ぎ食べ過ぎは胃腸に負担を起こし、下痢を引き起こします。また、消化の悪いものを胃腸などの消化器官が準備できてない時に摂取すると下痢を起こします。亜鉛サプリも同じです。なにも亜鉛サプリだけが特別ではないのです。必要以上の用量を摂取することなく推奨された量を毎日継続して飲み、空腹時や朝起きた時以外で飲むようにすると下痢が起こることはありません。

 

まとめ

亜鉛サプリは不足しがちな亜鉛を手軽に摂ることのできるものです。亜鉛は体の調子を整えるために必要な栄養素のため、定期的に摂らないとすぐに不足してしまう栄養素でもあります。そんな亜鉛サプリですが1日に摂るべき量以上に摂ってしまったり、空腹の時に摂ってしまったりすると下痢になってしまいます。亜鉛サプリを飲んで下痢が出ないようにするためには、下痢になってしまう条件をしっかりと理解し、気をつけることが一番の近道です。

 

亜鉛サプリ人気ランキングはこちらから>>